このページの記事一覧

2013年6月30日日曜日

操り人形のキャラクター能力について

最近操り人形というゲームをやり始めました。
ルール自体は非常にシンプルで、でも奥が深いゲームです。2人~8人までプレイ可能なので友達が集まったときなどにも楽しめます。
(一応適正な人数は4人~7人っていうことになってます)

このゲームではキャラクターカードというカードをラウンドの最初に選んでいきます。
で、このキャラクターカードなんですが、8種類用意されていて、それぞれが異なる能力を持っています。
プレイヤーはこの能力や、誰が何を選択したのかの読み合いをすることで自分を有利に進めていく、というのがこのゲームの趣旨になります。

さて、この各キャラクターが持っている能力ですが、取扱説明書などを熟読しても分かりにくい部分がありました(個人的に)。
そんなわけで、インターネッツで調べたり説明書を熟読したりして自分なりに分かりやすい解釈を与えてみました。
ルールベースとしてはアフィも貼ってありますが完全日本語版をベースにしています。
良ければアフィ踏んでください。
ちなみにMTG(マジック・ザ・ギャザリング)を少々たしなむので、文面もそれを意識してみました。
あ、あと、解釈に間違えがあるとか、こういう場合はどうなの?とか、そういうのがあればTwitterででも聞いてください。

 

用語の定義

まず用語の定義をしておきます。
公式な名称もありますし、とりあえず自分で勝手につけたものもありますのでご容赦を。

手札:プレイヤーの手持ちの建物カードのこと。
建物デッキ:単にデッキとも。建物カードの山札のこと。
建設コスト:単にコストとも。建物カードの左上に記載されている、建物を建設するために銀行に払う金貨の枚数のこと。
建物:プレイヤーがコストを払い、場に出した建物カードのこと。
コール:親が発声する「1番 暗殺者」などの手番の呼びかけのこと。
公開:コール後自分のキャラクターカードを表にすること。
所持金貨:プレイヤーが持っている金貨カウンターのこと。

パッシブ能力(PA):コール後、暗殺されていなければそれ以降継続する能力。
アクション前能力(A1):コール後、暗殺されていなければ自動で発動する能力。
アクション後能力(A2):アクション直後のみ1度だけ使える能力。ただし魔女に指名されたキャラクターは使用できない。
手番最後能力(A3):手番の終了時に1度だけ使える能力。ただし魔女に指名されたキャラクターは使用できない。
アクティブ能力(AC):自分の手番中いつでも1度だけ使える能力。ただし魔女に指名されたキャラクターは使用できない。

 

キャラクターの能力

番号 キャラクター PA A1 A2 A3 AC
1 暗殺者



キャラクターを1人指名する。そのキャラクターはコールされても公開できない(手番が飛ばされる)。
2 盗賊



1番及び1番が指名したキャラクター以外を1人指名する。指名したキャラクターが公開された場合、そのプレイヤーの所持金貨を全て受け取る。
3 奇術師



以下の2つから1つを選ぶ。「指定したプレイヤーと手札を全て交換する。」「手札から任意の枚数を選んで建物デッキの底に置く。その後同じ枚数だけ建物デッキから引いて手札に加える。」
4 王様
王冠コマを受け取って自分の前に置く。

あなたの建物のうち、黄色タイプの建物1つにつき1ゴールド銀行から受け取る。
5 司教 あなたの建物は将軍や外交官の能力の対象にならない。


あなたの建物のうち、青色タイプの建物1つにつき1ゴールド銀行から受け取る。
6 商人

銀行から1ゴールド受け取る。
あなたの建物のうち、緑色タイプの建物1つにつき1ゴールド銀行から受け取る。
7 建築家 通常の建設に加え、さらに2枚まで建設する事ができる。
建物デッキから2枚引く。


8 将軍


いずれかのプレイヤーの建物を1つ指定する。その建物の建設コストより1少ないコストを銀行に払う。その建物を破壊する あなたの建物のうち、赤色タイプの建物1つにつき1ゴールド銀行から受け取る。
1 魔女

キャラクターを1人指名する。あなたの手番を終了する。指名したキャラクターが公開された場合、そのプレイヤーはアクションを行い手番を終了する。あなたは追加の手番をアクション後から、指名したキャラクターかのように行う。


2 徴税官 建物を建設したプレイヤーの手番の終了時に、そのプレイヤーから1ゴールド受け取ることができる。1番のプレイヤーが建設していた場合、徴税官を公開後すぐに受け取る事ができる。



3 魔法使い



指定したプレイヤーの手札を見る。その中から1枚選んで受け取る。あなたはその建物カードを手札に加えるか、コストを払い建設する。
4 皇帝
自分及び王冠コマを持っているプレイヤー以外を1人指定する。そのプレイヤーの前に王冠コマを置く。そのプレイヤーはあなたに1ゴールドを払うか手札から1枚選んで渡す。

あなたの建物のうち、黄色タイプの建物1つにつき1ゴールド銀行から受け取る。
5 修道院長



あなたの建物のうち、青色タイプの建物1つにつき1ゴールド銀行から受け取る。
所持金貨が一番多いプレイヤーから1ゴールド受け取る。ただしそれがあなたの場合や複数のプレイヤーの場合、この能力は使用できない。
6 錬金術師


この手番中に建設のために払った金貨カウンターと同じ個数だけ、銀行から金貨カウンターを受け取る。
7 航海長 建物を建設することができない。
以下の2つから1つ選ぶ。「銀行から4ゴールド受け取る。」「建物デッキから4枚引く。」

8 外交官


あなたの建物1つと他プレイヤーの建物1つを選ぶ。選んだ建物を交換する。他プレイヤーの建物の方が建設コストが多い場合、交換と共に差額を払う。 あなたの建物のうち、赤色タイプの建物1つにつき1ゴールド銀行から受け取る。
9 芸術家



あなたの建物のうち1つか2つを選び、それらの上に金貨カウンターを1つずつ乗せる。建物に金貨カウンターは1つしか乗せる事ができない。
9 女王 4番が暗殺されており、それがあなたの隣のプレイヤーだった場合、ラウンド終了時に3ゴールド受け取る。



あなたの隣のプレイヤーが4番を公開している場合、銀行から3ゴールド受け取る。

 

FAQ

Q.奇術師の能力は自分の手札がなくても使用できますか?
 A.はい、その場合一方的に手札を奪えることになります。

Q.魔女の能力で商人を指名した場合、追加の1ゴールドを受け取ることはできますか?
 A.はい、商人に限らず、アクション後の能力も使用することができます。

Q.魔女の能力で航海長を指名した場合、手番時に建物を建築することはできますか?
 A.いいえ、できません。

Q.魔法使いの能力で受け取った建物カードを建設した場合、通常の建設も行う事はできますか?
 A.はい、できます。

Q.魔法使いの能力で取られた建物カードは渡す前に確認できますか?
 A.はい、できます。

Q.徴税官が公開されている状況で将軍が建物を建設した場合、どのタイミングで払う必要がありますか?
 A.まず将軍の破壊する能力を使用するかを決めます。その能力を使用した後で手持ちの金貨があるようなら徴税官に払って下さい。外交官も同様です。

Q.手番終了時に手持ちの金貨がなく、錬金術師の能力で金貨を受け取った場合、徴税官に払う必要はありますか?
 A.いいえ、ありません。徴税官の能力をチェックした後で錬金術師の能力をチェックします。特殊土地「貧乏屋敷」も同様です。

Q.外交官の能力で交換する際に、差額が払えなくても交換できますか?
 A.いいえ、差額が払えない場合は交換できません。

Q.芸術家の能力で建物に金貨カウンターを乗せるとどんな効果がありますか?
 A.将軍や外交官の能力の対象となる際に、本来のコストに1上乗せされます。またゲーム終了時の得点計算時にも1加算されます。

Q.女王の能力は、隣のプレイヤーが4番で暗殺されていた場合は手番中に使用できないということですか?
 A.はい、そうです。暗殺されているということは隣のプレイヤーはキャラクターを公開していませんので4番かどうかも分かりません。