2016年1月7日木曜日

2016/01/06:合併号だった

マガジン合併号でした。

最近古事記が気になってます。
古事記といえばイザナギとかイザナミが思い浮かびますが、こいつらは思ったよりか早くないんですよね。
(全体としては初めの方だけど)
あとこれ書いてて、伊邪那岐が勝手に候補に出てきた、なにこれ怖い。

神様が登場した順番は以下


別天津神(ことあまつかみ)
造化三神+二神

造化三神(ぞうかさんしん)
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
高御産巣日神(たかみむすひのかみ)
神産巣日神(かみむすひのかみ)

宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)
天之常立神(あめのとこたちのかみ)


神世七代(かみのよななよ)
国之常立神(くにのとこたちのかみ)
豊雲野神(とよくもののかみ)

男性神 女性神
宇比地邇神(うひぢにのかみ) 須比智邇神(すひぢにのかみ)
角杙神(つのぐひのかみ) 活杙神(いくぐひのかみ)
意富斗能地神(おほとのじのかみ) 大斗乃弁神(おほとのべのかみ)
於母陀流神(おもだるのかみ) 阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)
伊邪那岐神(いざなぎのかみ) 伊邪那美神(いざなみのかみ)


というわけで、一番最初のミナカヌシから数えると12番目になります。
ここから日本作ったり、有名な天照大神とかが生まれてきたりします。

元から神話は好きなジャンルではあります(割と忘れるけど)
聖書、ギリシャ神話、ローマ神話、北欧神話、ケルト神話、エジプト神話、封神演義などなど
まぁ知識の穴も結構多いし、体系的ではなく断片的にしか知りません
ちょっと本屋さんで日本神話を解説してる本を探します

0 件のコメント:

コメントを投稿